‘設定方法’ タグのついている投稿

Googleアカウントにおけるロケーション履歴の設定方法

2014年6月15日 日曜日

scp_ 2014-06-15 8.01.50

 

Googleサービスに関するサポートが必要な方は三蔵堂のGoogleサポートサービスをご検討下さい

Googleアカウントにおけるロケーション履歴の設定方法

Googleアカウント内には自分の行動範囲を地図上で記録しておくロケーション履歴という機能があります。

ロケーション履歴を利用するためにはまずGoogleアカウント上でロケーション履歴機能を有効にしておく必要があります。

次にロケーションを記録しておく端末でロケーション情報を記録しておく機能をオンにしておきましょう。

上記の設定により、自分の行動範囲を把握することができるようになります。

 

 

ロケーション履歴の全体像

scp_ 2014-06-15 8.07.24

上記画像は私のとある一日のロケーション履歴です。

13:00に横浜の事務所から出発し、池袋に到着

21:30にまた事務所に帰ってきました。

 

 

ロケーション履歴は日付ごと、時間ごとに記録されています。

こまかな時間のあるものはその全ての地点が地図上で閲覧可能となっています。

scp_ 2014-06-15 8.09.57

 

 

ロケーション履歴の利用方法

ロケーション履歴を利用するためにはGoogleアカウント上で設定が有効になっている必要があります。

Googleのトップページにゆきログインします。(右上にログインという文字がありますね)

すでにログインしている人は右上にある下記画像部分をクリックします。(自分の顔が表示されている人もいます)

scp_ 2014-06-14 9.53.14

 

 

 

次に下記画像のように「アカウント」と書かれた部分をクリックします。

パスワードの入力を求められたらパスワードを入力して下さい。

scp__2014-06-14_9_52_24

 

 

下記画像の箇所にある「データツール」をクリックします。

scp__2014-06-15_8_16_26

 

 

 

ダッシュボードの項目にある「アカウントデータを表示」をクリック。

scp__2014-06-15_8_18_06

 

 

 

 

パスワードの再入力を求められますので再度パスワードを入力します。

scp__2014-06-15_8_19_54

 

 

 

ログインするとダッシュボードの内容が表示されますので、画面を下にスクロールしてゆきます。

一番下付近にロケーション履歴に関する項目がありますので見つけて下さい。

scp__2014-06-15_8_22_21

この項目にある「ロケーション履歴」が「有効」になっていればすでに利用可能の状態にあります。

「有効」になってない場合は以下の手順で有効にしましょう。

ます、上記画像右にある「設定」をクリックします。

有効にするというラジオボタンを選択して「保存」をクリックします。

以上でロケーション履歴は利用可能な状態になりました。

 

 

ロケーション履歴を送信する端末を設定する

今までの設定でロケーション履歴を記録するためのGoogle側の準備はできましたが

今度は情報を送信する端末側の設定について解説します。

 

iPhoneの場合

iPhoneでロケーション履歴を利用するためにはGoogleMapがインストールしてある必要があります。

まずGoogleMapをiPhoneにインストールしましょう。

scp_ 2014-06-15 8.01.50

 

GoogleMapのインストールが完了したらGoogleMapを起動します。

 

 

下記画像の赤枠の部分をタップします。

IMG_0264

 

 

 

表示されたメニューの中から「設定」をタップ

IMG_0265

 

 

 

 

設定の項目の中より「ロケーション履歴」をタップします。

IMG_0266

 

 

 

ロケーション履歴項目内の「現在地送信機能」をタップし「この端末から送信する」をタップします。

タップしたら左上の左向き矢印を何度か押して地図の画面に戻りましょう。

IMG_0267

 

 

 

Androidの場合

「設定」アイコンをタップします。

設定画面を下にスクロールし「位置情報」の項目をタップします。

Screenshot_2014-06-15-08-51-33

 

 

 

「Google位置情報送信機能」をタップします。

Screenshot_2014-06-15-08-51-38

 

 

 

「現在地送信機能」の項目をタップします。

Screenshot_2014-06-15-08-51-48

 

 

 

画面右上にあるON OFFボタンをタップし、ONにします。

Screenshot_2014-06-15-08-51-55

 

以上で端末側の設定は完了です。この状態にしておけばロケーション履歴に行動の履歴が自動的に

記録されるようになります。

Googleサービスに関するサポートが必要な方は三蔵堂のGoogleサポートサービスをご検討下さい

提供 三蔵堂ITコンサルティング

 

iPad、iPhoneでIMAP方式のOutlook.comメールを設定する方法

2013年9月13日 金曜日

screen_cap_ 2013-09-13 13.05.45

 

IMAP方式のOutlookメールをiPadに設定する方法

いよいよIMAP方式をOutlookでも利用できるようになりました。

今回はその設定方法をご案内申し上げます。

 

その前に、そもそもIMAP方式とは何でしょう?

IMAPとはInternet Massage Access Protocolの略称でメールにおける通信方式です。

通常よく使われている方式はPOPと呼ばれています。

POPとIMAPの違いは何かと言いますと、

 

POPでは各端末の情報は同期されません。

例えばAという端末でメールを受信しゴミ箱に捨てたとします。

Bという端末でも同じメールを受信していてもメールはゴミ箱に入りません。

AとBは同期していないからです。

 

IMAPですとAとBとの端末は情報の同期が可能ですから、Aという端末で

メールの下書きをして保存します。

その続きをBという端末で開いて書くことができます。

もちろん両端末がインターネットに接続されているということが必要となります。

Aで行った作業はBの端末でも反映されるようになります。

これがIMAPという通信方式です。

 

iPadでIMAP方式のOutlookメールを設定する方法

 

まず最初に、設定のアイコン(歯車の形)にタッチして設定を開きます。

 

左列のメニューからメール/連絡先/カレンダーにタッチします。

 

アカウントの項目より「アカウントの追加…」をタップ

 

一番下の「その他」の項目にタッチします。

 IMG_1553

 

「メールアカウントを追加」にタッチします。

IMG_1554

 

「名前」「メールアドレス」「パスワード」「説明(任意)」の項目それぞれに必要事項を入力

IMG_1555

 

 

IMAPが選択されているのを確認して下記の事項を入力します。

IMG_1556

受信メールサーバーに imap-mail.outlook.com

送信メールサーバーに smtp-mail.outlook.com

送信メールサーバーにユーザー名とパスワードを入力します。

ポートは587  認証はパスワード sslはオン

 

上記の項目に入力が完了したら「次へ」をタップします。

入力項目が正しければこれでIMAPのメール設定が完了です。

 

PCと連動して利用できるIMAPのメールがOutlookに実装されたことでOutlookメールの利用価値が

確実に向上したと言えるでしょう。みなさんもどうぞお試し下さい。

 

 <参考情報>

受信メールサーバー:imap-mail.outlook.com
サーバーのポート番号:993
暗号化:SSL
送信メールサーバー:smtp-mail.outlook.com
サーバーのポート番号:587
暗号化:TLS

 

提供 三蔵堂ITコンサルティング

 

Mr.ReaderでGoogleリーダーから他のRSSリーダーにアカウントを変更する方法

2013年7月3日 水曜日

screen_cap_ 2013-07-03 10.36.37

 

Mr.Readerの使用アカウントをGoogleリーダーから他リーダーに変更する方法

2013年7月1日をもってGoogleリーダーのサービス提供が終了しました。

RSSリーダーを利用してきた人たちにとってはかなりショックなニュースですね。

 

Googleリーダーの終了を受けて代替サービスをすでに利用している人は

現在利用しているRSSリーダーアプリの設定を再度行う必要があることでしょう。

 

今回は優秀なRSSリーダーであるMr.ReaderでRSS情報を利用していた人が

違うサービスに変更する場合の手順について書いてみます。

 

 

Mr.Readerの再設定方法

アプリアイコンにタッチしてMr.Readerを開きます。

下記画面箇所をタップすることによってアカウント設定を変更することができます。

IMG_1490

 

 

現在利用中のアカウントが表示されたら、右側の+ボタンをタップしましょう。

IMG_1491

 

 

利用しているRSSサービスを選択してタップします。

IMG_1492

 

 

表示された画面にアカウント情報(IDとパスワード)を入力すれば設定完了です。

再度RSSリーダーを利用することができるようになります。

 

提供 三蔵堂ITコンサルティング