‘GoodReader for iPad’ タグのついている投稿

AFPを利用しGoodReader for iPadとMac間の同期フォルダを作成

2012年1月18日 水曜日

AFPを利用しGoodReader for iPadとMac間の同期フォルダを作成する

予備知識

AFPとは・・・アップルが開発したファイル共有のためのプロトコル(約束事の集合体)

同期フォルダ・・・フォルダ内のファイルを異なるデバイス間で一致させる機能

イメージ

Mac内のフォルダとGoodReaderのフォルダを同期設定しておくことによりMacおよびGoodReaderで編集された

ファイルが更新ボタンを利用するだけで同じ状態に保たれる機能

共同作業をしているプロジェクトメンバーが常に同じ情報にアクセスできることにより効率化や情報の共有化が進む

 

Mac側の設定(Mac OS X 7.2の場合)

システム環境設定→共有

 

共有の画面が開いたら、ファイル共有にチェックを入れる。

更に、共有フォルダの下にあるプラスボタンをクリックする

開いた画面から、共有したいフォルダを選択して追加ボタンをクリック

オプションをクリックして

AFPを使用してファイルやフォルダを共有にチェックを入れる

チェックを入れたら完了をクリック

ここまでがMac側の設定になります。

 

GoodReader側の設定

 

GoodReader for iPadを起動させます。

メインコントロールパネル下部のConnect to Serversをタップ

 

Local Servers(via WiFi)にタッチするとMacが現れます。

Macの表示が出たらもう一度タッチします。

 

表示された共有可能ファルダの中から目的のファルダにタッチします。(矢印をタップしてはダメです。)

 

緑色の選択状態になったら下部のSyncボタンをタップしましょう。

 

preceedボタンをタップします。

 

フォルダを作る場所を選択して

Download here & Syncronizeをタップします。

表示されたSync Parametersの画面上のSyncボタンをタップすると同期フォルダが作成されます。

同期フォルダを消去する場合はこちらを御覧ください

 

これでWeb Downloads内のRemote Syncに表示された同期ボタンをタップすることにより

Mac内のフォルダとGoodReader内のフォルダを同期させることができます。

 

提供 三蔵堂ITコンサルティング

 

GoodReaderがアップデート出来ない原因は?

2012年1月16日 月曜日

GoodReader for iPadがアップデート出来ない

GoodReader for iPadがアップデート出来ない原因は?

App Storeにアップデートのお知らせがきているのにアップデートできない場合があります。

原因はiOSのパージョンが指定のものより低い場合がほとんどですので

すみやかにiOSのバージョンアップを行いましょう。

iOS4.3以前のバージョンアップの手順

まず、Apple IDを持っていなければ、Apple IDを取得します。

バージョン4.3以前はPC経由でなければバージョンアップできませんのでPCを用意します。

PCにiTunesをインストール

iTunesに取得したApple IDでログイン

この状態で、iPadとiTunesをケーブルで接続(充電用の白いコード)

バージョンアップの開始をするか聞かれますが、ここは一度キャンセル

(ここでキャンセルしてバックアップをPC内に保存して置かなければデータがすべて消えます)

iTunesがiPadのバックアップを作成するまで待ちます。

同期作業が完了したら、バックアップの存在を確認

(さらにGoodReaderのデータを万が一に備えてバックアップしておくほうが良いと思います。)

iTunes側の取り出しボタンでiPadとiTunesの接続を解除してから、白いコードを一度抜きます。

再度iPadとiTunesをコードで接続

PC側にアップデートの確認がでますので、ここからアップデート作業を開始します。

表示される手順どおり作業を行えばバージョンアップの完了です。

(iOS5からはiCloudが利用できますので、バージョンアップ後、iCloudの設定をiPad側で行うことができます。)

この状態でGoodReader for iPadのバージョンアップが利用できます。

どうしてもバージョンアップ作業がご不安な方は有償で作業を行なっております。お気軽にご相談ください

→三蔵堂の出張iPad教室

提供 三蔵堂ITコンサルティング

 

GoodReaderで管理しているPDFから特定のページのみ抽出してPDF化する

2012年1月14日 土曜日

ボリュームのあるPDFをダウンロードしたものの

ある一部分を資料として欲しい場合役に立つアプリケーションが

Save2PDFです。有料アプリ350円

 

このアプリケーションを利用すると、すでに完成しているPDFから

必要なものだけを新たなPDFとして取り扱うことができます。

有料のアプリケーションですが資料等のスリム化をお考えの場合は

導入してみてはいかがでしょうか?

例えば、GoodReaderでPDFを管理している場合

※画像はすべてクリックで拡大

 

Manage Filesから当該PDFを選択。

・・・open in…をタップします。

 

 

send file as isやFlatten anotationsは利用用途によって使い分けます。

(よくわからない場合はsend file as isを選択して置いて下さい。)

 

表示されたアプリケーション群からSave2PDFを選択。

 

 

表示された画面の中からすべてのページと書かれた項目を選択します。

 

何ページ目から何ページ目を保存したいか入力します。

入力が完了したら左上のナビゲーションSave2PDFで元の画面に戻ります。

 

保存するをタップして、格納するフォルダを選択します。

 

作業が完了したら表示された閉じるをタップします。

これで抽出完了です。

あとはファイルを選択してアプリケーションで開くを指定し、GoodReaderで開けばGoodReaderに戻ります。

 

提供 三蔵堂ITコンサルティング