‘アプリ’ タグのついている投稿

Google Authenticatorの使い方及び設定方法

2012年8月30日 木曜日

 

Googleサービスに関するサポートが必要な方は三蔵堂のGoogleサポートサービスをご検討下さい

Google Authenticatorの使い方及び設定方法についての解説

Google AuthenticatorはGoogleアカウントで二段階認証を利用する際、認証コードを教えてくれるアプリです。

このアプリをiPadやiPhoneにインストールし、Googleアカウントと関連付けていれば、いつでも認証コードを取得できます。

※固有のパスワードの発行とは関係ありませんので、アプリケーション固有のパスワードが必要な場合は、

Googleのアカウント設定→セキュリティ→アプリケーションとサイトを認証する→編集→パスワード入力

アプリケーション固有のパスワードを生成するから名前をつけて生成しましょう。

 

まずはGoogleアカウントとの関連付けの方法について

上記画像の右下「+」ボタンをタップします。

 

「バーコードをスキャン」をタップします。

何らかの理由でバーコードがスキャンできない場合は上記の「アカウント」及び「キー」に

必要な情報を入力すれば認証コードを生成することができるようになります。

 

「バーコードをスキャン」をタップすると下記のような画面に切り替わります。

この緑色の枠を画面上に表示されているQRコード(バーコード)に合わせると自動的に読み取り作業に移ります。

 

また「編集」ボタンを利用して表示されている文字列や複数アカウントの情報などを並べ替えることができます。

下記画面の認証コードはGoogleアカウント及びDropboxのものです。

 

セキュリティに関しまして二段階認証の等の作業はこれからもっと増えてくることが予想されます。

仕組みをきちんと理解し安全なアカウント管理・運営方法を身につける必要性があります。

Googleサービスに関するサポートが必要な方は三蔵堂のGoogleサポートサービスをご検討下さい

提供 三蔵堂ITコンサルティング

 

今昔散歩 for iPad のご紹介

2012年2月4日 土曜日

現代・明治・江戸の町を比較できるアプリ

 現代・明治・江戸の地図を同じ縮尺で見比べられる画期的なアプリ今昔散歩 for iPad のご紹介

 

使い方は至ってシンプル。

地図を表示させ、下にあるボタンで現代と明治、江戸を切り替えるだけで各時代の地図を

比較対照することができます。

現在の高速道路は川の上にあることがよくわかります。

 

今昔散歩をもって東京の街を散策してみてはいかがでしょうか。

記事提供 三蔵堂ITコンサルティング

フォトストリームの写真をMacのアプリで開く

2011年10月28日 金曜日

フォトストリームの写真をMacのアプリで開く

iOS5で追加されたiCloudはこれまでの写真転送の概念をなくした画期的な機能です。

この機能をMacで利用する場合には、iPhotoの最新バージョンを導入する必要があります。

iCloudの設定をオンに、iPhotoを最新バージョンにアップデートしたものとしてお話しします。

 

iPhoneなどで撮影した写真をMacで使用する場合、iPhotoを開いてフォトストリームまで行き、コピーなりして

利用するような形なのです。これをFinderなどで直接開けたら便利だと思うのですが、

そのような方法が見当たりませんでしたので、便宜的に利用している方法をご紹介します。

-iPhotoは起動したままということがこの方法を利用する前提条件です-

iPhotoにスマートアルバムを作成し、フォトストリームに追加された写真だけをスマートアルバムに表示させます。

こうすることにより、Macのアプリからフォトストリームの写真を直接利用することができます。

 

設定方法

①iPhotoを開く

②ファイルから新規スマートアルバムを選択

③スマートアルバムの名前を入力して、次の条件を設定。『タイトルが』 『IMG_』 『を含む』

(IMG_ イメージ アンダーバー)

④フォトストリームの写真だけがアルバムの中に表示されます。(他にIMG_という名前の付いた写真があればそれも表示されますが)

⑤各アプリの『開く-メディア-写真』からフォトストリームの写真がダイレクトに利用できます。

提供 三蔵堂ITコンサルティング