GoodReader for iPadがアップデート、バージョン3.5.0



GoodReader for iPadの使い方・まとめ(目次)ページ

GoodReader for iPadがアップデートされました。バージョンは3.5.0

主な変更点

1.同期機能がSFTPサーバーに対応

2.あたらしタイプの同期が可能になりました。(ダウンロードのみの同期が可能に)

3.注釈機能に機能追加。タイプライターツールとテキストボックスでフォントサイズ変更が可能に

他の改善点

1.PDF注釈機能でタイプライターツールがページの回転に対応。

2.Dropboxの接続の安定性が向上

3.すぐに同期済みのローカルフォルダを作成

以前は大きな容量のサイズのフォルダを同期していたとき、全体のダウンロード中に接続が中断されると

はじめから再ダウンロードをしなくてはなりませんでした。

アップデートにより中断した所から簡単にダウンロードを再開することができます。

4.既にファイルのあるローカルフォルダに新しい空のフォルダを作るかわりに新しい同期データを添付

格納ファイル群の同期を設定するため、再び全体をダウンロードまたは大きなローカルファイルをサーバーに

アップロードしなくてはならなかった問題に対処。現在ではサーバー上に同じ名前で空のフォルダを作成でき、

既存のローカルファイルを格納している既存のフォルダに同期させることができます。

5.新しい同期の競合警告 ”Discard this conflict, files are identical”

このアクションを使うことにより同期競合が発生した場合、不要な転送を回避できます。

ただし、そのファイルが同一のものであることを確認しておきましょう。

また、既存の同一ファイルの最初の同期に便利です。

GoodReader for iPadの使い方・まとめ(目次)ページ

提供 三蔵堂出張パソコン教室


タグ: , ,

利便性向上のため記事の評価をお願いします

※※ 評価は簡単! ☆をクリックするだけです ※※

Google関連サービス

※※ 三蔵堂ブログの評価をお願いします ※※

 

お探しの情報は見つかりましたか?


カスタム検索

コメントをどうぞ