‘注釈’ タグのついている投稿

Goodreader for iPad【バージョン3.8.0】PDF画面解説

2011年6月26日 日曜日

 

Goodreader for iPad 3.8.0のPDF画面解説

※クリックで拡大

Goodreader for iPadの注釈機能の挿入画面に変更がありましたので解説致します。

まず、新設されたのが画面右側の注釈メニューです。

このメニューはメニュー最上部のピンで常駐させる事が可能となっています。

必要がない場合は×印で閉じておきましょう。

メニューは上から

ピン

ブックマークを追加

Typewriter   文字をダイレクトに挿入

Popup Note   ポップアップ形式でメモを挿入

Highlight   蛍光ペン

Underline   下線

Squiggly    波線

Strikeout    取り消し線

Line      ライン

Arrow     矢印

Rectangle   囲い線

Oval      丸囲い線

Freehand   自由描画

となっています

 

簡単な使い方

①まず、右サイドメニューの挿入したい注釈にタッチ

②そのまま、挿入したい箇所をタッチしましょう、注釈が挿入されます。

アンダーラインやハイライトなど挿入部分を細かく指定したい場合は従来の方法が便利かも知れません

新しい機能としては注釈挿入時に適用範囲の指定がいらなくなった等ありますが、ほぼ今までと同じ

操作系で使用できます。

 

ページスライダーの変更

ページスライダーの様式が変更になりました。

従来は、画面右側に縦型の青いスライダーがありましたが、3.8.0では画面下の中央部に

スライダーが設置されています。

 

タブ機能の追加

今回のアップデートでタブ機能が追加されました。

このタブ機能の追加により、複数の画面での作業が可能となっています。

タブの切り替えは簡単で、表示されているタブをタッチする事により画面が切り替わります。

タブを閉じる時はタブ右の×印をタップしましょう。

 

提供 iPad教室の三蔵堂出張パソコン教室

Goodreader for iPadの注釈機能が新しくなりました。バージョン3.7.0

2011年5月6日 金曜日

Goodreader for iPadの注釈機能が新しくなりました。

今までの機能をより短いタップで使用できるように機能を改善。

メニューなどの表示方法が大きく変わりました。

Typewriter・Highlight・Markupなどの機能表示等は省略され、ダイレクトに挿入が可能となりました。

注釈の挿入方法

①PDF文章に注釈を加えたい場合

注釈を挿入したい文字に長めにタッチ→文章の長さを選択

 

コメントなどPDF文章に直接関係ない注釈を挿入したい場合

PDFの空白部分に長めにタッチ

 

はじめてPDF注釈を挿入しようとした場合には

First Time Modifying a Fileという警告が表示されます。

Save to this file (このファイルに上書き保存)

Create an annotated copy (新しい注釈用のコピーを作成する)

Cancel (中止)

どれかを選択します。

 

②挿入したいタイプの注釈を選択します。

③選択した注釈が挿入されます。

 

注釈の消去方法

①消去したい注釈に短めにタッチ

②Deleteをタップ

③Really delete!をタップで消去完了

 

注釈の移動方法

①移動したい注釈に長めにタッチ

②メニューが表示されたら、タッチしたままの状態で好きな場所に移動させましょう。

 

注釈の編集方法

①編集したい注釈に短めにタッチ

②メニューが表示されたら、編集したい項目をタッチ

 

次回は Noteの編集方法、コメントの編集方法をお送り致します。

GoodReader for iPadの使い方・まとめ(目次)ページ

提供 三蔵堂出張パソコン教室

GoodReader for iPad⑦-4 PDFの注釈機能 Typewriterとは

2011年2月23日 水曜日

GoodReader for iPad⑦-4 PDFの注釈機能 Typewriterとは

GoodReader for iPad 3.4.0アップデートにより新機能が追加されました。

新しく追加された、Typewriter機能について解説致します。

 

Typewriter機能でできること

①注釈用の文字をPDFにダイレクトに表示できる

②文字を直線・雲でかこったり、塗りつぶしたりできます。

③注釈用の文字から矢印を表示して、注釈部分をわかりやすく指摘できます。

 

Typewriter機能の挿入、編集方法

①まず、Typewriterを挿入するためには、文字のない空白部分を長めにタッチします。

メニューが表示されたら、右から2番目のTypewriterをタップします。

※クリックで拡大

 

②このファイルに注釈を挿入するか、新しいファイルをつくり、保存するか選択します。

このファイルに保存する場合はSave to this fileを、新しいファイルを作る場合はCreate an annotated copyをタップします。

 

③表示させたい注釈文章を入力します。

 

④コメントが入力されます。(この注釈に長めにタッチすることにより、メニューを表示させることができます。)

メニュー項目の説明

1.Main Menu  メインメニューを表示させます。

2.Select All   すべてを選択します。

3.Edit     表示中の注釈文章を編集します

4.Move     注釈の場所を移動します。矢印の方向や長さを調節できます。

5.Properties…  矢印の表示、非表示選択、色の選択、塗りつぶしの選択、境界線の選択、雲形表示の選択ができます。⑥にて詳細説明

6.Delete      注釈を削除します。

 

⑤注釈の移動方法

注釈を移動させるためには、移動させたい注釈に短めにタップ

表示されたメニューの中からMove を選択し上記図のような状態にしてから指で移動させる。

もしくは、注釈に長めにタッチして上記図のような状態にし指で移動させます。

矢印をうまく移動できない場合は、Moveを利用するか、長めにタッチした後、少し下に移動させてから矢印を動かしてみてください。

 

⑥Properties…の利用方法

Properties…のメニュー内容

1.Callout      矢印を表示、非表示にします。

2.Color…     注釈の色の選択をします。

3.Fill color…    注釈の内部を塗りつぶします。

4.Border…     境界線の表示、非表示を選択したり、太さを決定します。Offをタップすると非表示になります。

5.font…     フォントサイズを変更します。(アップデートにより3.5.0から機能に追加されました)

6.Cloudy…    境界線をもわもわの雲形に変更できます。Off、Large、Smallから選択できます。

GoodReader for iPadの使い方・まとめ(目次)ページ

 

iPad教室のことなら三蔵堂出張パソコン教室にお問い合わせください