Goodreader for iPad【バージョン3.8.0】PDF画面解説



 

Goodreader for iPad 3.8.0のPDF画面解説

※クリックで拡大

Goodreader for iPadの注釈機能の挿入画面に変更がありましたので解説致します。

まず、新設されたのが画面右側の注釈メニューです。

このメニューはメニュー最上部のピンで常駐させる事が可能となっています。

必要がない場合は×印で閉じておきましょう。

メニューは上から

ピン

ブックマークを追加

Typewriter   文字をダイレクトに挿入

Popup Note   ポップアップ形式でメモを挿入

Highlight   蛍光ペン

Underline   下線

Squiggly    波線

Strikeout    取り消し線

Line      ライン

Arrow     矢印

Rectangle   囲い線

Oval      丸囲い線

Freehand   自由描画

となっています

 

簡単な使い方

①まず、右サイドメニューの挿入したい注釈にタッチ

②そのまま、挿入したい箇所をタッチしましょう、注釈が挿入されます。

アンダーラインやハイライトなど挿入部分を細かく指定したい場合は従来の方法が便利かも知れません

新しい機能としては注釈挿入時に適用範囲の指定がいらなくなった等ありますが、ほぼ今までと同じ

操作系で使用できます。

 

ページスライダーの変更

ページスライダーの様式が変更になりました。

従来は、画面右側に縦型の青いスライダーがありましたが、3.8.0では画面下の中央部に

スライダーが設置されています。

 

タブ機能の追加

今回のアップデートでタブ機能が追加されました。

このタブ機能の追加により、複数の画面での作業が可能となっています。

タブの切り替えは簡単で、表示されているタブをタッチする事により画面が切り替わります。

タブを閉じる時はタブ右の×印をタップしましょう。

 

提供 iPad教室の三蔵堂出張パソコン教室


タグ: , , , ,

利便性向上のため記事の評価をお願いします

※※ 評価は簡単! ☆をクリックするだけです ※※

Google関連サービス

※※ 三蔵堂ブログの評価をお願いします ※※

 

お探しの情報は見つかりましたか?


カスタム検索

コメントをどうぞ