Windows8のdefenderでフォルダ・ファイル内のウイルス検索を行う方法



win8_logo

 

Windows8のdefenderを起動して個別にウイルス検索を行うための手順

Windows8にはウイルス対策ソフトが標準装備されていますので最低限のウイルス対策は行われています。

その対策ソフトは普段はあまり見えない場所にありますので、何かファイル内のウイルスを検索したい場合に

少々手間取ることがあるかもしれません。そんな時は以下のようにすすめてDefenderを起動しましょう。

 

Windows Defenderの起動方法のための手順

まず、チャームを表示します。(Windowsボタン+C)

チャームとは右側の各種メニューのことです。

Windows8_defender01

 

 

チャームが表示されたら、「検索」をクリックし、「defender」と入力しましょう。

続いてEnterキーを押します。

Windows8_defender02

 

すると、Windows Defenderが起動して、コントロールパネルが表示されます。

Windows8_defender03

 

 

次に選択可能項目から「カスタム」を選択して、「今すぐスキャン」をクリックします。

ファイル・フォルダの画面から検索したい場所を指定して検索を開始しますと

自動的に検索が行われ結果が表示されます。

Windows8_defender04

 

 

以上がWindows Defenderを起動して、ファイル内のウイルスを検索するための手順です。

是非試してみてください。

提供 三蔵堂ITコンサルティング

 


タグ: , , ,

利便性向上のため記事の評価をお願いします

※※ 評価は簡単! ☆をクリックするだけです ※※

Google関連サービス

※※ 三蔵堂ブログの評価をお願いします ※※

 

お探しの情報は見つかりましたか?


カスタム検索

コメントをどうぞ