‘Windows8’ カテゴリーのアーカイブ

Windows8及び10のネットワークでWi-Fiが見つからない場合の対処方法

2013年2月26日 火曜日

win8_logo

Windows8.1 Windows10のインターネット接続トラブル解決の三蔵堂ネットワークシステムズなら出張にて現在のインターネット、ネットワークトラブルに対応致します。

Windows8及び10パソコンで突然Wi-Fiネットワークに接続できなくなった場合の応急処置

インターネット社会が進んだ現在突然インターネットに接続できなくなった時は非常に困ってしまいますよね。

インターネットに突然接続できなくなる原因には様々な原因が考えられますが、今回はWindows8での問題を取り上げてみます。

今回の記事は下記のような表示が出ている人が対象です。

※作業は必ず自己責任で行ってください

 

network_no

 

Wi-Fiの欄をご覧ください。「ネットワークが見つかりません」と表示されています。

この場合はインターネットに接続ができませんので次の方法を試してみましょう。

 

〈Windows8の場合〉

まず、スタートニューを表示→右クリック→すべてのアプリをクリック

アプリケーション一覧が表示されたらWindowsシステムツールから「コントロールパネル」をクリックします。

<windows8.1 windows10の場合〉

スタートボタンを右クリックして「コントロールパネル」をクリックします

network_no02

 

 

 

コントロールパネルの中から「ハードウェアとサウンド」をクリック

network_no03

 

 

 

デバイスマネージャーをクリックします

network_no04

 

 

デバイスマネージャーの中からネットワークアダプターをクリックします。

下記のような表示になったらこの中からWi-Fiネットワークに関するアダプターを見つけます。

 

network_no05

 

 

今回の場合はBroadcom 802.11n Network AdapterがWi-Fiに関するアダプターでしたので

こちらを右クリックします。

※アダプターは機種によって異なりますので表示されているものを

インターネット検索するなどしてWi-Fiに関するものを探してください。

 

リストの中から「無効」を選択します。注意が出ますのでそのままOKを押します

再度アダプタを右クリックして今度は「有効」をクリックしてOKとします。

これでネットワークが再度利用できるようになっているはずです。

提供 三蔵堂ITコンサルティング

Windows8.1 Windows10のインターネット接続トラブル解決の三蔵堂ネットワークシステムズなら出張にて現在のインターネット、ネットワークトラブルに対応致します。

Windows8のdefenderでフォルダ・ファイル内のウイルス検索を行う方法

2013年2月23日 土曜日

win8_logo

 

Windows8のdefenderを起動して個別にウイルス検索を行うための手順

Windows8にはウイルス対策ソフトが標準装備されていますので最低限のウイルス対策は行われています。

その対策ソフトは普段はあまり見えない場所にありますので、何かファイル内のウイルスを検索したい場合に

少々手間取ることがあるかもしれません。そんな時は以下のようにすすめてDefenderを起動しましょう。

 

Windows Defenderの起動方法のための手順

まず、チャームを表示します。(Windowsボタン+C)

チャームとは右側の各種メニューのことです。

Windows8_defender01

 

 

チャームが表示されたら、「検索」をクリックし、「defender」と入力しましょう。

続いてEnterキーを押します。

Windows8_defender02

 

すると、Windows Defenderが起動して、コントロールパネルが表示されます。

Windows8_defender03

 

 

次に選択可能項目から「カスタム」を選択して、「今すぐスキャン」をクリックします。

ファイル・フォルダの画面から検索したい場所を指定して検索を開始しますと

自動的に検索が行われ結果が表示されます。

Windows8_defender04

 

 

以上がWindows Defenderを起動して、ファイル内のウイルスを検索するための手順です。

是非試してみてください。

提供 三蔵堂ITコンサルティング

 

Windows8のアプリ版Internet Explorerをスタートメニューに再表示させる方法

2013年2月6日 水曜日

ie10-5

 

アプリ版インターネットエクスプローラーを再度スタートメニューに表示させる方法

この記事にはアプリ版インターネットエクスプローラーを再度表示させる方法が記載されています。

 

Webサイト開発業者にとってInternet Explorerの存在は少し疎ましい気がするかもしれません。

インターネットエクスプローラーはバージョンによってサイトの見え方が変わってしまいますので

その都度調節を加えて当該バージョンでも正しく表示させる必要があるからです。

最近はie6の存在が薄くなったので安心していたところIE10ではまた問題が発生するケースが散見されます。

しかも今度はデスクトップ版とアプリ版でも表示が変わってしまう可能性があるのです

 

そのために検証しようとスタートメニューを開いたところInternet Explorer10がスタートメニューに表示されていなくて

しかもすべてのアプリの中にもなくてお困りの方はいらっしゃいますか?

 

今回はアプリ版インターネットエクスプローラー10が迷子になって再インストールする必要があるかもと

お悩みの方への情報です。

u30c7u30d5u30a9u30ebu30c8 2013-02-06 15.44.15

インターネットエクスプローラー10が表示されていなくて、さらにすべてのアプリの中にもない、さらにアプリストアの中も

探してみたけれど見つからない方はインターネット閲覧ブラウザをインターネットエクスプローラー以外のものに変更していることでしょう。

 

規定のブラウザがインターネットエクスプローラー以外の場合はスタートメニューにアプリ版インターネットエクスプローラーは

表示されません

 

つまりアプリ版IE!10をスタートメニューに再表示させる(利用する)場合は規定のブラウザをInternet Explorerに変更する必要があります。

 

既定にブラウザの変更方法

Windows8でコントロールパネルを開きます。(スタートメニューのすべてのプラグラム内に格納されています。)

 

 

「プログラム」の項目をクリックします

ScreenClip

 

 

「既定のプログラム」の項目をクリック

ie10-02

 

「既定のプログラムの設定」をクリックします。

ie10-03

 

 

プログラムの一覧より「Internet Explorer」を選択します

ie10-04

 

 

 

「すべての項目に対し、既定のプログラムとして設定する」をクリックして「OK」をクリックします。

ie10-05

 

 

これらの作業後、アプリ版InternetExplorer10がスタートメニューに表示されています。

いかがでしょうか

 

提供 三蔵堂ITコンサルティング