Windows8で写真を開く際にフォトアプリを使わずWindowsフォトビューワーで開く方法



win8_logo

Windows8付属のフォトアプリを使わずWindows7のようにWindowsフォトビューワーで写真を開くための設定

 

 

photo_win8

Windows8で写真などのファイルを開く際にデフォルトに設定されているこのアプリ

写真を見るのにはいいかもしれませんが、ファイルなどの整理の際、全画面表示になってしまっては

使いにくくてしょうがないですよね。

そのな不満のある方は写真を開く際の既定のアプリをWindowsフォトビューワーに変更してしましましょう。

 

photo_win8-04

 

上記がWindowsフォトビューワーです。こちらを利用するとWindows7の際に利用していたビューワーと同じ感覚で

写真等のファイルを開くことが可能となります。

 

写真を開く際の既定のプログラムを変更するための手順

まずは開きたい写真の上で右クリックをしましょう。

 

そうすると下記のようなメニューが表示されます。

 photo_win8-02

 写真のように「プログラムから開く」にマウスカーソルを合わせて「既定のプログラムの選択」の項目をクリックしましょう。

 

 

「このファイルを開く方法を選んでください。」のメニューの中から「Windowsフォトビューワー」をクリックします。

すると写真がWindowsフォトビューワーで開くようになりますので、以前のような感覚で写真を取り扱うことができるようになります。

photo_win8-03

画像の拡張子には.jpg .png .gifなどの種類があります。それぞれに設定しておけばどのファイルを開いても

Windowsフォトビューワーで開くことができるようになります。

これでまたWindows8が快適になりましたね。

 

提供 三蔵堂ITコンサルティング


タグ: ,

利便性向上のため記事の評価をお願いします

※※ 評価は簡単! ☆をクリックするだけです ※※

Google関連サービス

※※ 三蔵堂ブログの評価をお願いします ※※

 

お探しの情報は見つかりましたか?


カスタム検索

コメントをどうぞ