Posts Tagged ‘無線LAN’

CS-WMV04NをRT-200NEで設定し外部からアクセスする方法【無線LAN設定編】

Wednesday, January 30th, 2013

u30c7u30d5u30a9u30ebu30c8 2013-01-30 11.18.48

 

CS-WMV04Nを無線LAN接続で利用するための設定方法

前回のカメラ設置方法の中でご紹介しましたのは有線LANでカメラをネットワークに参加させる方法でしたが

前回→カメラ設置編

今回は前回のLANケーブルを使うことなくカメラを利用する方法について解説して参ります。

 

まず、前回と同様に

u30c7u30d5u30a9u30ebu30c8 2013-01-30 11.52.34

 

現在お使いのPCよりインターネット閲覧ようのブラウザを立ちあげて、「192.168.1.200」にアクセスしてみましょう。

カメラ内部にアクセスするためのIDとパスワードの入力があれば同じように「admin」「password」を入力します。

u30c7u30d5u30a9u30ebu30c8 2013-01-30 11.55.43

 

上記の画面にたどりつきましたら、上部メニューの「ネットワーク」をクリックします。

 

u30c7u30d5u30a9u30ebu30c8_2013-01-30_13.43.57

 

ネットワークの上部項目の中から「無線LAN」をクリックしますと上記の画面が出てきます。

「使用可能ネットワーク」の中から現在利用している無線LANのSSIDを選択します。

SSIDがわからない人は無線LANルーター(アクセスポイント)機器の側面または底面を見てください。

SSIDと暗号キーまたはネットワークキーと表示があります

 

選択すると項目のラジオボタンに印がつきます。その状態でこの画面ですと「WPA共有キー」と表示されている箇所に

暗号キー(ネットワークキー)を入力して「適用」ボタンをクリックしましょう。

入力された情報が正しければ上記の作業で無線LAN利用設定は完了していますので

接続しているLANケーブルを取り外してもカメラからの画像を受信出来ます。

 

画像を確認する場合は設定画面上部メニューの「カメラ」項目をご確認ください。

 

提供 三蔵堂ITコンサルティング

 

Wifi Explorerの使い方 【Mac App解説】

Tuesday, June 12th, 2012

Wifi Explorerの使い方

Wife Explorerは現在使用中のMacの周辺で飛んでいる無線LANの詳細を知るためのアプリケーションです。

このアプリケーションを利用することにより

  • SSIDの確認
  • 無線LAN親機のMACアドレス
  • 信号の強さ
  • 信号の強さの平均
  • 信号の強さの最大値
  • 信号対ノイズ比
  • 使用チャンネル
  • 供給メーカー
  • 暗号化方式
  • WPSの有無(Wifiを簡単に設定できる機能)
  • 使用モード

を確認することができます。Wifiを設定することのある仕事をしている人には最高のアプリケーションです。

アプリケーション下部のグラフは

  • ネットワークの詳細
  • 信号の強さ
  • 2.4Gh 5Ghそれぞれのチャンネル競合状態の確認
を表しています。

 

例えば、現在無線LANを利用している環境の状態をこのアプリケーションで計測することにより

通信速度の改善を行う方策について検討することができます。

チャンネルの競合などを起こしている場合は使用チャンネルを変更したり、2.4GH帯が混雑している場合は5Gh帯を

利用することにより通信環境が良くなったりします。

 

(上記は2.4Gh帯における使用状況です。多少被っていますがこの程度なら全く問題ありません。)

まず、確認することは現在使用している信号の強さと競合電波の有無です。その競合電波と使用チャンネルが被っているようであれば

チャンネルの変更をするだけで劇的に通信環境が改善する場合があります。

 

都会のど真ん中などものすごい競合を起こしている場合、しかも信号の強さがそれなりにある場合などは

5Gh帯に使用電波を変更することがオススメです。

上記は5Gh帯の利用状況です。見事に競合がありません。この状態なら快適な通信環境が確保できることでしょう。

 

信号の強さを表すグラフです。同程度の信号レベルでチャンネルが被っているようであれば

チャンネル変更の検討余地ありです。

三蔵堂ITコンサルティングでは快適な通信環境のためのアドバイスを行なっております。

ご利用ご希望の方はご連絡ください。

提供 三蔵堂ITコンサルティング

 

iPadのWiFi(無線LAN)がつながらないとき確認すること

Monday, January 16th, 2012

WiFiの設定を確認してみましょう

インターネット接続トラブルの際は三蔵堂ネットワークシステムズにご相談下さい。出張にて診断・解決致します。

iPadのWiFi(無線LAN)がつながらないとき確認すること

 

iOS6にアップデート後つながらない場合はこちら(2012/9/26現在)

 

iPadを使用している際、突然接続が不安定になることがあります。

修理を依頼する前に、試してみたい項目を挙げておきます。

①WiFiの設定を一度オフにして、再度オンにしてみましょう

Safariなどでインターネットに突然つながらなくなったときに一度WiFiの設定をオフにします。

設定よりWiFiを選択します

設定→WiFiを選択します。

WiFiネットワーク内の項目、WiFiをオンからオフに変更します。

それから、再度オフからオンに切り替えます。

これでWiFiの通信が回復する場合があります。

 

②無線LANルーターの状態を確認してみましょう

無線LANルーターはiPadとインターネットを電波経由で接続している機器です。

この機器内で問題が発生している場合があります。そのため無線LAN機器を再起動してみましょう。

再起動の方法は、無線LAN機器の電源を抜き、再度電源を入れるだけです。

 

③電波干渉を確認してみましょう。

無線LAN通信では決められた周波数帯の中のチャンネルで通信しています。

そのため集合住宅など住宅が密集した地域では電波干渉が起きている可能性があります。

iPadの「設定」からWiFiネットワーク画面を表示してみて「ネットワークを選択」の項目に

多数のWiFiネットワークが表示されていないか確認してみましょう。

頻繁にネットワークが切断される場合は電波干渉に強いタイプの無線LAN機器を利用してみるのも手です。

(電波干渉に強い周波数帯をカバーする802.11 aをサポートしたタイプの無線LAN機器の例)

このタイプの周波数帯をサポートした機器は対応した機器が少ないのが欠点です。iPadでは利用できます。

 

④ネットワーク自体のIPの割り振りの段階で問題が発生している場合。

ネットワークの再設定を試みてみましょう。

無線LANを利用している機器の電源をすべて切り、iPadのネットワーク設定を最初から行います。

 

設定等の詳細が不明の場合は有償になりますが出張で設定を行なっていますので、どうしてもお困りの場合は

ご相談ください。→無線LAN機器出張設定

 

提供 三蔵堂ITコンサルティング

インターネット接続トラブルの際は三蔵堂ネットワークシステムズにご相談下さい。出張にて診断・解決致します。