‘Windows8’ カテゴリーのアーカイブ

Windows8のシャットダウンのためのショートカット作成方法

2012年12月24日 月曜日

shutdown

Windows8のシャットダウンを簡単にするためのショートカットの作成方法

Windows8にアップグレードしたものの終了の手順が面倒になったなとお感じの方も多いかと存じます。

そういう方にうってつけの方法が以下の手順。

終了のためのボタンをデスクトップに配置して、このショートカットから

Widndowsを終了させてしまいましょう。

power01

 

 

(完成図)デスクトップに上記のような終了ボタンを作成します

 

終了のためのショートカットの作成方法

まずは、メモ帳を開きます。メモ帳は「スタート」画面で右クリック→「すべてのアプリ」で「メモ帳」をクリックして起動します。

メモ帳が起動したら下記の文字列を貼り付けます。

 

dim objShell

set objShell = CreateObject(“shell.application”)

objshell.ShutdownWindows

set objShell = nothing

 (うまくいかない場合はクォーテーションマーク「” “」を半角で入力しなおして試してください)

上記の文字列を貼り付けたメモ帳に名前をつけて保存します。

その際、名前の最後尾に「.vbs」をつけます。「power.vbs」のような感じに名前をつけましょう。

このメモ帳を「ドキュメント」あたりに保存しておきます。

 

保存してたフォルダを開き、先程のファイルを右クリックして「送る」の中から

「デスクトップ(ショートカットを作成)」をクリックします。

 

上記の手順でショートカットがデスクトップ上に登場していますのでそのショートカットを右クリック

「プロパティ」から「アイコンの変更」を選択し下記のようなアイコンに変更しましょう。

ScreenClip

power01

アイコンが変更できたら早速ショートカットをダブルクリックしてみましょう。

終了画面が簡単に表示できます。これは便利ですね。

Windows8は慣れてしまったらもうXPや7には戻れないほど快適に利用できます。

なるべくたくさん触るようにして、早く慣れてしまいましょう。

提供 三蔵堂ITコンサルティング

 

Windows8のメールアプリで二段階認証のGmailを設定する

2012年11月14日 水曜日

windows8のメールのストアアプリで二段階認証のGmailを利用する

Googleのセキュリティ向上のため認証機能を利用している方がだんだん増えてきていますね。

Windows8のスタート画面に標準搭載されているメールアプリに二段階認証を設定してあるGmailを設定しようとして

エラーを返されてしまっている人はいらっしゃいますでしょうか?

二段階認証のための手順をもう一度おさらいしてみましょう。

 

メールを設定する前にアプリケーション固有のパスワードを入手しておかなくてはなりませんので

Googleのアカウント画面を表示させます。

Googleのトップページから、右上項目内「アカウント」→「セキュリティ」→「アプリケーションとサイトを認証する」

→「編集」→パスワード入力(通常パスワード)→アプリケーション固有のパスワードを生成する

→「名前を入力」→「パスワード生成」ボタンをクリック

 

上記の手順で発行されたパスワードを使いメールアプリを設定します。

 

メールアプリを起動し、マウスカーソルを右上隅に移動させると設定項目が表示されます。

この「設定」から「アカウント」を選択します。

 

 

表示されたメニューから「アカウントの追加」をクリック

 

 

アカウントの追加項目の中からGoogleを選択します。

 

 

アカウントの追加画面が表示されたら、設定したいメールアドレスと先ほど取得したアプリケーション固有のパスワードを

「パスワード欄」に入力し設定します。

 

上記の手順で、メールの設定ができます。設定がうまくいかない場合はパスワードの入力でミスをしている場合が

ほとんどですのでよく確認してみましょう。

提供 三蔵堂ITコンサルティング

 

Windows live メールで二段階認証のGmailを利用する

2012年11月11日 日曜日

Windows live メールで二段階認証を設定してあるGmailを利用する方法

Gmailで重要なデータのやり取りを行なっていらっしゃる方はGmailの二段階認証プロセスをご利用のことだと思いますが

Windows live メールの設定がうまく行かないなどということはないでしょうか?

今回はGmailの設定方法をご紹介します。

 

まず、二段階認証プロセスを設定している場合、そのプロセスの認証方式に対応しているアプリケーション以外は

既存の(現在ご利用の)パスワードは利用することができないということを覚えておく必要があります。

そのかわりに

Googleアカウントの概要→セキュリティ→アプリケーションとサイトを認証する→編集→パスワード入力→

新しいアプリケーション固有のパスワードを生成する→名前の入力→パスワードを生成

上記の手順で作成したパスワードを使いWindows live メールを設定します。

 

※【新規にメールを設定する場合はパスワードの入力欄に上記で作成したパスワードを入力するだけです】

 

既存のアカウントの設定変更方法

まず、パスワードを変更する必要がありますので、「アカウント」のタブをクリックしましょう。

 

 

タブが開いたら、「プロパティ」をクリック

 

 

この画面から今度は「サーバー」のタブをクリック

 

 

このパスワードの項目に先ほど作成したアプリケーション固有のパスワードを入力しましょう。

入力できたらOKをクリックしてください。

 

これで作業は完了です。エラーを返される場合はパスワードの入力に失敗している可能性が高いので

再度入力してください。

提供 三蔵堂ITコンサルティング