iPadにおけるカレンダーの使用方法1



iPadにおけるカレンダーの使用方法

参照図① ※クリックで拡大

iPadにはデフォルト状態でカレンダーが付属しています。下記のアイコンをタップすればカレンダーが起動します。

iPadでのカレンダーの基本的な使用方法

参照図①をご覧ください

①表示させたいカレンダーをここから選択します。

②カレンダーの表示方法を変更します。日表示、週表示、月表示、リスト表示から選択できます。

③今日をタップすることによって、カレンダーのどの場所にいても今日に移動できます。

④この矢印をタップすることにより表示日、表示週、表示月を変更できます。

⑤ここから移動したい場所を選択できます。

⑥予定を追加します。

イベントの追加

①カレンダーに予定を追加する場合は をタップします。

②タイトルと場所を入力

③開始と終了を指定します

③-1 開始と終了はそれぞれ図のメーターで指定できます。

終日作業の場合は終日のオフをオンに変更します。

④繰り返し・・・繰り返しの予定の場合は繰り返しをするに設定しておけば、何度も同じ予定を入力する手間を省けます。

※繰り返しは毎日、毎週、2週間ごと、毎月、毎年から選択できます。

⑤参加予定者・・・参加予定者を追加できます。ここで参加予定者を設定しておけば、通知設定で自動的に通知を送る設定が可能になります。

⑥通知・・・通知を送る設定をします。5分前、15分前、30分前、1時間前、2時間前、1日前、2日前、イベントの当日から選択できます。

参加者設定をしている参加者に参加の有無をお伺いするメールが自動的に送られます。

⑦カレンダー・・・複数のカレンダーを利用している場合にはどのカレンダーの予定か指定します。

⑧状況表示・・・予定あり、予定なし、仮承諾、不在から選択できます。

⑨メモ・・・イベントの詳細等をメモできます。

 

今回はここまで、次回は複数カレンダーの登録方法を解説します

【提供・・・三蔵堂出張パソコン教室


タグ: , , ,

利便性向上のため記事の評価をお願いします

※※ 評価は簡単! ☆をクリックするだけです ※※

Google関連サービス

※※ 三蔵堂ブログの評価をお願いします ※※

 

お探しの情報は見つかりましたか?


カスタム検索

コメントをどうぞ