Windows10でネットワークドライブの場所がネットワークに表示されない場合の対処方法(例 LANDISK)

2015年8月4日

スクリーンショット__14_

Windows10においてネットワーク上にPCが表示されない問題を解決するためのサービスはこちら

Windows10のトラブル解決の事なら出張専門ITサポートの三蔵堂にご相談下さい。

Windows10にアップグレードしたところネットワークで共有しているドライブが表示されない

今回問題が発生したのはIOデータのLANDISKです。

上記の画像はネットワークの内部です。その他のデバイスにはネットワークドライブが表示されていますが

コンピュータの個所にはネットワークドライブが表示されておらず困ってしまっていらっしゃる方向けの情報です。

 

ネットワークドライブ内部のワークグループの設定を確認します。

scp__2015-08-04_18_11_19

 

WebブラウザよりIPアドレスなどを入力するなとしてネットワークドライブ内部にアクセスし

ワークグループ名の個所を確認して下さい。

ワークグループ名が「WORKGROUP」になっていないとネットワークに表示されません。

ワークグループ名を「WORKGROUP」に変更して決定または保存します。

 

 

上記の方法で解決しない場合はネットワークドライブに直接アクセスするショートカットを作ってしまいます。

スクリーンショット__15_

デスクトップ上で右クリックして新規作成からショートカットを選択します。

 

スクリーンショット__16_

ドライブの正式な名前がわかっている場合は「¥¥ドライブ名」を入力します。

わからない場合は「¥¥IPアドレス」を入力し、「次へ」をクリックします。

 

スクリーンショット__18_

ショートカット名を決めて「完了」をクリックするとデスクトップ上にショートカットが作成されます。

このショートカットより共有ネットワークドライブにアクセス可能となります。

うまくいった方はコメントを残して頂くか、シェアしていただければ幸いです。

Windows10においてネットワーク上にPCが表示されない問題を解決するためのサービスはこちら

Windows10のトラブル解決の事なら出張専門ITサポートの三蔵堂にご相談下さい。

 

Windows10のWindowsストアアプリが正常に起動しない(クラッシュする)際の対処方法

2015年8月3日

スクリーンショット__2_

Windowsストアアプリ「ストア」が起動時にクラッシュしてしまう時の対処方法

Windows10にアップグレード後、システムの復元やその他、何らかの問題で

ストアアプリまたはストアが正常に起動しなくなった場合の対処方法を記載します。

今回の場合の問題の特徴は一枚目の画像にあるようなメッセージが表示されていることです。

Avastは入れてなく、WSResetやscf /scannowを試してみても回復できない問題でした。

Windows10の再インストールしか方法がないと思っている方は次の方法をお試し下さい。

 

Windowsストアアプリを正常に再インストールする方法

この方法の概要は「新しいアカウントを作成してWindowsアプリを再インストール」というものです。

別アカウントを新たに作成してそのアカウントでWindowsアプリが正常にインストールできれば

現在問題が起きているアカウントのWindowsアプリも正常に利用できるようになります。

開けないWindowsアプリはこの方法で全て解決出来ました。

 

別アカウントを新規に作成する方法

スクリーンショット__6_

まず、キーボードのWindowsキーを押しながらアルファベットのI(アイ)を押します。

すると上記の「設定」画面が表示されますので「アカウント」の項目をクリック

 

スクリーンショット__7_

「家族とその他のユーザー」の項目内の「その他のユーザーをこのPCに追加」にある

「+」ボタンをクリック

 

スクリーンショット__8_

「追加するユーザーがメールアドレスを持っていません」をクリック

 

スクリーンショット__9_

「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」をクリック

 

スクリーンショット__10_

「ユーザー名」「パスワード2回」「パスワードのヒント」を入力し「次へ」をクリックして

ユーザーを作成します。

 

スクリーンショット__11_

作成が完了したら左下のWindowsマークを右クリックして「シャットダウンまたはサインアウト」内の

「サインアウト」をクリックしてサインアウトします。

 

その後新規に作成したアカウントがサインイン画面の左下に表示されていますので、選択し、サインインします。

 

アプリのインストール等、新規アカウントのログインが完了するまでしばらく待ちましょう。

サインインが完了しデスクトップが起動したらクラッシュして起動できなかったアプリを起動します。

正常に起動できたら再度「サインアウト」して問題の起きていたアカウントで再サインインしてみましょう。

すると起動できなかったアプリが使用できるようになっています。

お困りの方は一度お試し下さい。うまくいった方はコメントを残して頂くか、シェアしていただければ幸いです。

 

インターネットエクスプローラー(IE)がEMET5.0の影響で開けない症状

2014年11月15日

scp_ 2014-11-15 6.45.18scp_ 2014-11-15 6.46.40

EMET5.0の影響でインターネットエクスプローラーを開くとエラーが大量に表示されます。

先日2014年11月11日のWindowsUpdateによりIE11の仕様が更新されそのためEMET5.0が干渉してしまい

正常にインターネットエクスプローラーIE11を開くことができなくなってしまっています。

この症状を解決するにはEMET5.0をEMET5.1にアップデートするか、プログラムのアンインストールで

EMET5.0を削除する必要があります。

2014/11/11以降にインターネットエクスプローラー(IE)を開くことができなくてお困りの方は

下記の方法をお試し下さい。

 

プログラムのアンインストールの方法

コントロールパネルを開く

プログラムのアンインストールを選択

EMET5.0を選択しアンインストールする