‘PDF’ タグのついている投稿

Macのプレビューを使い特定ページのPDFを抽出する方法

2013年2月24日 日曜日

u30c7u30d5u30a9u30ebu30c8 2013-02-24 6.09.46

Macのプレビューを使いPDFを抽出する方法

 前回の記事はこちら→「Macのプレビュー使いPDFを結合

結合したものは分割したくなるのが人情というものではないでしょうか

前回はバラバラのPDFを統合する方法をご紹介いたしましたが今回は

結合したPDFまたは既存のPDFから必要な部分だけを独立した形で

取り出す方法をご紹介いたします。

 

特定ページのPDFを抽出するための手順

 

まずは、分割・抽出したいPDFをプレビューで開きます。

u30c7u30d5u30a9u30ebu30c8 2013-02-24 6.16.02

 

 

 

プレビューでPDFが開いたら、前回の結合の際と同じように右上のボタンから

「サムネイル」表示に切り替えます。

 u30c7u30d5u30a9u30ebu30c8 2013-02-24 6.15.44

 

 

 

 

左列にPDFのサムネイルが表示されたら、ドラッグ・アンド・ドロップでファイルを

プレビューの枠外に取り出して手を離します。

u30c7u30d5u30a9u30ebu30c8_2013-02-24_14.39.08

 

この作業でPDFの一部を独立したファイルとして取り出すことができました。

あとはご自由に好きな名前をつけて然るべき場所に格納するだけです。

提供 三蔵堂ITコンサルティング

 

Macのプレビューを使い複数のPDFファイルを結合する方法

2013年2月24日 日曜日

u30c7u30d5u30a9u30ebu30c8 2013-02-24 6.09.46

 

Macのプレビューを使用して複数のPDFを統合する方法

スキャンしたPDFなどバラバラとある場合に一つにまとめたいということはありませんか?

特にページごとで各一枚ずつあるものなどファイルの管理が大変ですよね。

そんなときはMacのプレビューアプリを使用してPDFを一つに統合してしまいましょう。

u30c7u30d5u30a9u30ebu30c8 2013-02-24 6.54.35

※バラバラだと管理が大変

 

PDFを統合するための手順

 

まずは、PDFを開きます。

u30c7u30d5u30a9u30ebu30c8 2013-02-24 6.16.02

 

 

 

PDFを開くことができたら表示方法を変更します。

左上のボタンで「内容のみ」の表示方法から「サムネール」に変更します。

u30c7u30d5u30a9u30ebu30c8 2013-02-24 6.15.44

 

 

表示方法が変更できたら、結合させたいPDFファイルを各々開きます。

開いたら結合させたいPDFファイルのサムネールをドラッグ・アンド・ドロップで統合するPDFファイルに

移動します。

u30c7u30d5u30a9u30ebu30c8_2013-02-24_6.17.11

 

 

 

これでバラバラだったPDFファイルを一つにまとめることができました。

u30c7u30d5u30a9u30ebu30c8 2013-02-24 6.17.59

 

あとは適宜名前等を変更して保存して作業終了です。

ファイルをドラッグ・アンド・ドロップする場所を間違えるとうまくいきませんので

ドラッグ・アンド・ドロップの際は確実にファイルを重ねるように実行してみて下さい。

 

自分でスキャンしたデータなどこれからはPDFでファイルを管理する機会が多くなることでしょう。

特にEvernoteでファイルを管理する場合一つに統合されていたほうが扱いやすいので

PDFを統合する方法を知っておいてもいいですね。

提供 三蔵堂ITコンサルティング

 

GoodReaderで管理しているPDFから特定のページのみ抽出してPDF化する

2012年1月14日 土曜日

ボリュームのあるPDFをダウンロードしたものの

ある一部分を資料として欲しい場合役に立つアプリケーションが

Save2PDFです。有料アプリ350円

 

このアプリケーションを利用すると、すでに完成しているPDFから

必要なものだけを新たなPDFとして取り扱うことができます。

有料のアプリケーションですが資料等のスリム化をお考えの場合は

導入してみてはいかがでしょうか?

例えば、GoodReaderでPDFを管理している場合

※画像はすべてクリックで拡大

 

Manage Filesから当該PDFを選択。

・・・open in…をタップします。

 

 

send file as isやFlatten anotationsは利用用途によって使い分けます。

(よくわからない場合はsend file as isを選択して置いて下さい。)

 

表示されたアプリケーション群からSave2PDFを選択。

 

 

表示された画面の中からすべてのページと書かれた項目を選択します。

 

何ページ目から何ページ目を保存したいか入力します。

入力が完了したら左上のナビゲーションSave2PDFで元の画面に戻ります。

 

保存するをタップして、格納するフォルダを選択します。

 

作業が完了したら表示された閉じるをタップします。

これで抽出完了です。

あとはファイルを選択してアプリケーションで開くを指定し、GoodReaderで開けばGoodReaderに戻ります。

 

提供 三蔵堂ITコンサルティング