‘起動しない’ タグのついている投稿

Windows10のWindowsストアアプリが正常に起動しない(クラッシュする)際の対処方法

2015年8月3日 月曜日

スクリーンショット__2_

Windowsストアアプリ「ストア」が起動時にクラッシュしてしまう時の対処方法

Windows10にアップグレード後、システムの復元やその他、何らかの問題で

ストアアプリまたはストアが正常に起動しなくなった場合の対処方法を記載します。

今回の場合の問題の特徴は一枚目の画像にあるようなメッセージが表示されていることです。

Avastは入れてなく、WSResetやscf /scannowを試してみても回復できない問題でした。

Windows10の再インストールしか方法がないと思っている方は次の方法をお試し下さい。

 

Windowsストアアプリを正常に再インストールする方法

この方法の概要は「新しいアカウントを作成してWindowsアプリを再インストール」というものです。

別アカウントを新たに作成してそのアカウントでWindowsアプリが正常にインストールできれば

現在問題が起きているアカウントのWindowsアプリも正常に利用できるようになります。

開けないWindowsアプリはこの方法で全て解決出来ました。

 

別アカウントを新規に作成する方法

スクリーンショット__6_

まず、キーボードのWindowsキーを押しながらアルファベットのI(アイ)を押します。

すると上記の「設定」画面が表示されますので「アカウント」の項目をクリック

 

スクリーンショット__7_

「家族とその他のユーザー」の項目内の「その他のユーザーをこのPCに追加」にある

「+」ボタンをクリック

 

スクリーンショット__8_

「追加するユーザーがメールアドレスを持っていません」をクリック

 

スクリーンショット__9_

「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」をクリック

 

スクリーンショット__10_

「ユーザー名」「パスワード2回」「パスワードのヒント」を入力し「次へ」をクリックして

ユーザーを作成します。

 

スクリーンショット__11_

作成が完了したら左下のWindowsマークを右クリックして「シャットダウンまたはサインアウト」内の

「サインアウト」をクリックしてサインアウトします。

 

その後新規に作成したアカウントがサインイン画面の左下に表示されていますので、選択し、サインインします。

 

アプリのインストール等、新規アカウントのログインが完了するまでしばらく待ちましょう。

サインインが完了しデスクトップが起動したらクラッシュして起動できなかったアプリを起動します。

正常に起動できたら再度「サインアウト」して問題の起きていたアカウントで再サインインしてみましょう。

すると起動できなかったアプリが使用できるようになっています。

お困りの方は一度お試し下さい。うまくいった方はコメントを残して頂くか、シェアしていただければ幸いです。

 

Mac OS X 10.10 Yosemiteインストール失敗の原因

2014年10月17日 金曜日

Jpeg

 

Mac設定のことでお悩みの際はIT専門出張設定の三蔵堂にご相談下さい

Mac OS X 10.10 Yosemiteをインストール後、再起動の際ウィーザードが進まなくなった原因

※作業は必ず自己責任の元行なって下さい。必ず問題が解決できるわけではありません。

環境

MacBook Air 11 “Mid2011 64GB Mac OS X 10.9.5

 

インストール・状態回復のために行った作業全工程(時系列順)

  1. Mac OS X10.9のセキュリティアップデート及びiTunes 12のインストール
  2. Mac OS X 10.10 Yosemiteのダウンロード
  3. Yosemiteのインストール
  4. 上記写真のように再起動時にウィーザードが進まなくなる20分以上
  5. 電源ボタンを使用して強制終了し再度電源を入れる
  6. ウィーザードが進まない
  7. 再度電源ボタンを使用し強制終了
  8. 電源ボタンを押しShiftキーを押し続けセーフブートで起動
  9. ウィーザードが進み、インストール終了。Apple IDのパスワード入力画面や契約関連の画面がでる
  10. ウィーザードを進める。デスクトップ画面が表示される(右上にセーフモードと表示されている)
  11. command+ control+ 電源ボタンで再起動する
  12. 再度上記写真のウィーザードが表示されるがウィーザードが進みログイン画面が表示される。
  13. 再起動する度に上記写真ウィーザードが出るようになる
  14. ディスクユーティリティを使用しディスクの検証を行うが途中でディスクの検証に失敗する
  15. 再度command+ control+ 電源ボタンで再起動し、command+rをリンゴマークが出るまで押し続ける
  16. 上記写真ウィーザードが表示されるので進むまで待つ。
  17. Mac OS Xユーティリティが表示されるので、ディスクユーティリティを起動しディスクの修復を試みる。
  18. 変化なし、Mac OS Xの再インストールを実行する
  19. インストールが開始される。
  20. インストール終了し再起動時にまたウィーザードが進まなくなる
  21. 電源ボタンで強制終了する
  22. 再度電源を入れる
  23. ウィーザードが進みデスクトップ画面が表示される
  24. ログイン画面でフリーズ
  25. 以下繰り返し失敗

Jpeg

 

インストール失敗の原因はMcAfee

今回ログイン失敗の原因はMcAfee リブセーフ・インターネットセキュリティでした。

McAfeeをアンインストールすることによって問題を解決することが出来ました

アンインストール手順:

  1. ファインダ ウィンドウから、[移動] をクリックします。
  2. [アプリケーション] を選択します。
  3. [マカフィー インターネットセキュリティ アンインストーラ] をダブルクリックします。
  4. [サイトアドバイザのアンインストール] の横にあるチェック ボックスをオンにします。
  5. [続行] をクリックします。
  6. 管理者パスワードを入力して、[OK] を押します。
  7. [完了] をクリックします。

以上です

追記(2014.10.17現在)

McAfeeより次のような回答を得ています。

Mac OS X 10.10へは、順次対応予定でございますが、時期は未定でございます。

現時点では、10.9までインストール可能となっておりますので、ご了承くださいませ。

追記2(2014/10/21現在)

McAfeeリブセーフ・インターネットではバージョンアップ、Yosemiteで利用可能であることを確認済みです。

アップグレードの前にMcAfeeのバージョンが3.3以上であることを確認して下さい。

scp_ 2014-10-21 19.01.55

Mac設定のことでお悩みの際はIT専門出張設定の三蔵堂にご相談下さい

 

GoodReader for iPad3.15.0が起動しない場合の対処方法

2012年6月24日 日曜日

ver.3.15.0アップデート後、

GoodReader for iPadが立ち上がらない症状が報告されています

問題解決のためのステップ

http://www.goodiware.com/gr-3150crash.html

以下の操作は必ず自己責任のもと行なってください。問題が起きて当方は一切関知しません

心配な方は必ずGoodreader内のデータのバックアップをGoodReaderUSBで作成してから行いましょう。

問題解決のための手順

〈和訳〉

最近のアップデートによりGoodReaderが起動できないといった症例が報告されています。

この問題の調査結果によると、アップデート自体は完全に機能しているということがわかりました。

最近Appleサーバーにていくつかの深刻な問題が発生しています、スタートしないといった壊れたデータ形式ファイルを

インストールしたユーザーいるという結果が出ています。

調査結果によると、この問題はiTunesでの同期をしない形で、AppleStoreから直接デバイスにアプリをアップデートした機器で

発生しています。

この問題は現在Apple側で修正されたと思われます。正常に機能するデータをダウンロードする手順を以下に記述します。

 

  1. まず、最初に行うことは、この問題を解決する際、もし幾つかの点でアプリを消去しなくてはならない場合があったとしてもGoodReader内のファイルが失われるようなことがないことを確認することです。アプリ自体が起動しない間、GoodReader内のファイルはGoodReader USBを使ってコンピュータ内に回収しておくことができます。このプログラムの優れた点はGoodreaderがモバイルデバイスで起動しなくてもデータをGoodreader内から安全な場所に移動することができるところです。
  2. この先の段階で突発的なiTunesの同期動作を防止するため、iPadとコンピュータの接続を解除します。
  3. 以前iPadを同期させてあるコンピュータでiTunesを起動します。
  4. iTunesでアプリのタブを選択
  5. GoodReader for iPadのアプリを見つけます。
  6. iTunesライブラリーからGoodreader for iPadを消去します。右クリックでポップアップメニューから削除を選択
  7. この時点でiPadとiTunesを絶対に同期しないように!!もし同期してしまうと、Goodreaderのファイルとセッティングをしたものが全て消えます。
  8. 再度iTunesライブラリーにiTunesStore経由でアプリケーションの購入動作を行います。再度課金されることはありません。
  9. 消去および正しいバージョンのアプリが再ダウンロードされたことを確認してください。GoodreaderにはiPadのバージョンとiPhoneのバージョンがあります。同じアイコンです
  10. 一旦iTunesライブラリーにアプリデータが再ダウンロードされたら、iTunesとiPadを同期しても安全です。
  11. 同期のためにiPadとiTunesをUSBケーブルで接続してください。GoodReaderはこの新しいダウンロードデータと同期されアップデートされます。

上記の手順でほとんどの利用者の問題が修正できます。

以上です。

提供 三蔵堂ITコンサルティング