‘Windows8’ カテゴリーのアーカイブ

MacMini(2010)にデュアルブートでWindows8.1をインストールした際、イーサネットがつながらない場合の対処方法

2013年11月7日 木曜日

 

windows8.1

 

Macのデュアルブートを利用してWindows8.1をインストールしたもののインターネットの接続が不安定

Windows8をデュアルブートで利用していましたが、Windows8.1にアップグレードした時からインターネットに接続できなくなりました。

イーサネットとWi-fiの両方で不具合が発生し、イーサネットでは全くインターネットに接続できない、Wi-fiでは接続が不安定という状況。

臨時の対処として

 上記の外付け用LANアダプタを購入しインターネット接続を確保していました。

原因はドライバがWindows8.1に対応していないことによるものですので新しいドライバをインストールすることによって

問題を解消することができます。

 

Windows8.1に対応した新しいドライバをインストールするための手順。

 ※作業はすべて自己責任の元行ってください。

まず、必要なドライバをダウンロードします。下記のリンクからプロバイダのページにゆきドライバをダウンロード

ドライバをダウンロードする

windows8.1-7

 

 ダウンロードが完了したら

Zipファイルを展開しておきます。

展開方法はダウンロードしたZipファイルを右クリックして「すべてを展開」です。

この時展開した場所をよく覚えておきましょう。あとから使います。

 

 

ダウンロードしたドライバのインストール方法

画面左下のWindowsロゴマークを右クリックして、デバイスマネージャーをクリックします。

windows8.1-2

 

 

 

 

「ネットワークアダプター」の項目の最初にある▷をクリックして内容を表示させます。

 

今回新しいドライバをインストールするデバイス名はBroadcom NetXtreme Gigabit Ehernetです。

この項目を右クリックて「プロパティ」を選択します。

windows8.1-3

 

 

 

 

表示されている上記のドライバのタブをクリックして、下記の画面にしてから「ドライバの更新」をクリックします。

windows8.1-4

 

 

 

「コンピューターを参照してドライバ・ソフトウェアを検索します」を選択して「次へ」をクリック

windows8.1-5

 

 

 

参照ボタンを押し、ドライバをダウンロードしてZipを解凍してあるフォルダを選択し「次へ」をクリックします。

 

windows8.1-6

 

 

ドライバのインストールが開始されますので、しばらく待ちます。

これで作業は終了です。インターネットに正常に接続できるかどうかを確認します。

お疲れ様でした。

 

提供 三蔵堂ITコンサルティング

 

Windows8でシステムの復元を実行するための手順及び方法

2013年3月9日 土曜日

 win8_logo

Windows8でシステムの復元を行うための手順と方法

突然のPCのトラブルに見舞われたり、ウィルス感染から回復するための手順として「システムの復元」は欠かせませんよね。

Windows8になりシステムの復元コマンドにたどり着くための手順も少々変わりましたので解説しておきます。

システムの復元とは?

コンピュータのプログラム等をインストールした後にコンピュータの挙動がおかしな場合に

そのプログラムをインストールする前の状態にコンピュータを戻すことができる機能が

装備されています。これをシステムの復元といいます。システムの復元では

プログラムだけに影響があり、ワードのファイルといったファイル系や電子メールなどが

なくなってしまうことはありません。

 

システムの復元が利用できないようにコンピュータがロックしてしまっているような状態の場合は

Windowsを再起動、すぐにF8をトントンを押す、セーフモードで起動する。

この状態で「システムの復元」を試すことができます。

 

Windows7以前のシステムの復元はすべてのプログラムからアクセサリ、システム、システムの復元等の手順を踏みましたが

Windows8では以下のように実行します。

 

Windows8システムの復元のための手順

まず、カーソルを右上に動かし「チャーム(黒い縦方向のメニューバー)」を表示します。

その中の「虫眼鏡マーク」をクリックして検索画面を表示します。

 

下記画面のように「設定」をハイライト(クリック)した状態で検索窓の中に「システムの復元」と入力しましょう。

system01

 

 

 

 

すると画面右に下記のような項目が表示されますので、「復元ポイントの作成」を選びます。

(復元ポイントの作成をするわけではありませんがこの項目を選択します)

system02

 

 

 

システムのプロパティ画面の中の「システムの復元」をクリックします。

system03

 

 

 

システムの復元項目が表示されました。

ここからどのポイントまでさかのぼって復元するのか選択していきます。

「推奨される復元」で良ければ「次へ」をクリックして作業を進めます。もっとさかのぼって復元したい場合は

「別の復元ポイントを選択する」をクリックして「次へ」を押しましょう。

system04

 

 

 

表示されている、ここでは「2013/03/04のポイント」で良ければこのポイントをクリックして選択し

「次へ」を押して作業を進めます。別のポイントを選択したい場合は「別の復元ポイントを表示する」に

チェックを入れます。

system05

 

 

 

いろいろな復元ポイントが表示されましたね、この中からさかのぼって復元したい場所を

クリックして選択していきましょう。さかのぼりたい場所が見つかったらクリックして選択し

「次へ」をクリックします。

system06

 

 

 

下記のような「復元ポイントの確認画面」でポイントを確認します。

これでよければ「完了」を押して手順を進めます。

system07

 

以上で手順解説は終了です。うまく復元できたでしょうか?

提供 三蔵堂ITコンサルティング

 

Windows8で写真を開く際にフォトアプリを使わずWindowsフォトビューワーで開く方法

2013年3月7日 木曜日

win8_logo

Windows8付属のフォトアプリを使わずWindows7のようにWindowsフォトビューワーで写真を開くための設定

 

 

photo_win8

Windows8で写真などのファイルを開く際にデフォルトに設定されているこのアプリ

写真を見るのにはいいかもしれませんが、ファイルなどの整理の際、全画面表示になってしまっては

使いにくくてしょうがないですよね。

そのな不満のある方は写真を開く際の既定のアプリをWindowsフォトビューワーに変更してしましましょう。

 

photo_win8-04

 

上記がWindowsフォトビューワーです。こちらを利用するとWindows7の際に利用していたビューワーと同じ感覚で

写真等のファイルを開くことが可能となります。

 

写真を開く際の既定のプログラムを変更するための手順

まずは開きたい写真の上で右クリックをしましょう。

 

そうすると下記のようなメニューが表示されます。

 photo_win8-02

 写真のように「プログラムから開く」にマウスカーソルを合わせて「既定のプログラムの選択」の項目をクリックしましょう。

 

 

「このファイルを開く方法を選んでください。」のメニューの中から「Windowsフォトビューワー」をクリックします。

すると写真がWindowsフォトビューワーで開くようになりますので、以前のような感覚で写真を取り扱うことができるようになります。

photo_win8-03

画像の拡張子には.jpg .png .gifなどの種類があります。それぞれに設定しておけばどのファイルを開いても

Windowsフォトビューワーで開くことができるようになります。

これでまたWindows8が快適になりましたね。

 

提供 三蔵堂ITコンサルティング