‘EVERNOTR関連’ カテゴリーのアーカイブ

iPad版Evernote Ver7.0でノートを削除する方法

2013年9月21日 土曜日

evernote_top

iPad版Evernoteでノートを削除するための手順と方法

Ver7.0になり大幅なUIの変更が加えられましたことにより

使い勝手が少々変わりましたのでさしあたって困りそうな問題をUPしておきます。

 

Ver7.0ではノートを削除するためのゴミ箱アイコンがなくなっています。

そのためiPad版のEvernoteでノートを削除することができなくてお困りの方はいませんか。

今回はその新しくなったUIにおけるノートの削除方法をご紹介致します。

 

iPad版Evernote Ver7.0でノートを削除する

 

カードビューバージョン

まず、消去したいノートを表示させます。ここでは下記のGoogle系サービスは…というノートを

削除します。

IMG_0069

 

 

消去したいノートを右から左にスワイプ(指を滑らせる)しましょう。

IMG_0070

すると、ゴミ箱マークが表示されますのでタッチすると削除完了です。

 

 

 

サマリービューバージョン

カードビューバージョン同様に削除したいノートを表示させます。

IMG_0071

 

 

右から左にスワイプするとゴミ箱マークが表示されますのでそこをタップします。

IMG_0072

 

 

これでノートを削除することができます。どうぞお試し下さい。

 

 

提供 三蔵堂ITコンサルティング

 

Evernote for Mac(5.3)に追加されたプレゼンテーション機能の使い方

2013年9月20日 金曜日

screen_air_ 2013-09-20 6.08.41

 

Evernote for Mac 5.3で新たに追加されたプレゼンテーション機能の使い方

Evernoteプレミアム会員向けに新たな機能・プレゼンテーション機能が追加されました。

この機能はEvernote自体でプレゼンテーションを可能にしたものです。

 

機能としましては

  • 全画面表示
  • ポインタ
  • PDF資料の大きさ調整
  • ナイトモード

などが利用可能となっています。

 

Evernote for Macプレゼンテーションモード利用のための手順

 

まず、Evernoteを最新の5.3にアップグレードしましょう。

すると右上のアイコンにプレゼンテーション機能アイコンが表示されるようになります。

screen_air__2013-09-20_6.09.41-2

このアイコンをクリックすると全画面モードの切り替わり、ポインタが

プレゼンテーション用ポインタとなります。

 

 

Evernote画面右上に下記のアイコンが表示され

screen_air_ 2013-09-20 6.08.57

左から

ナイトモード(色の反転)

ポインタ色の変更

全画面モード終了

の順に並んでいます。

 

プレゼンテーションモードの全画面表示ではノート自体がプレゼンテーション用資料として

利用可能な様に文字の大きさが自動的に調節されて表示されます。

また、PDF資料の表示も可能で、特にPDFの場合は資料サイズを変更することにより

画面に最適化したサイズで表示が可能となっています。

PDFサイズを調節したい場合はトラックパッドでピンチしましょう。

トラックパッドがない場合はcommand+ (- +)コマンドキーとプラス・マイナスキーで

表示サイズの変更が可能になっています。

下記画像はPDFを展開する前の状態。

screen_cap_ 2013-09-20 6.10.28

 

 

 

展開すると下記画像のように画面一杯を使って表示出来ます。

screen_cap_ 2013-09-20 6.26.31

 

 

 

Evernoteの利用機会が増えそうな便利機能が追加されました。

 

個人でも組織でも「知の集積場」としての機能を遺憾なく発揮できるEvernoteを使いこなし

仕事の量と質の向上につなげることができれば幸いです。

 

提供 三蔵堂ITコンサルティング

 

Skitchにサインインできない場合の対処方法

2013年7月3日 水曜日

screen_cap_ 2013-07-03 11.39.24

 

Evernoteの二段階認証を設定した後、Skitchにサインインできなくなった場合の対処方法

ある日突然Skitchに「パスワードが変更されたようです」というコメントともにパスワードの

入力画面が表示されるようなった方はいらっしゃいませんか?

それはもしかしたら二段階認証を設定したことが原因かもしれません。

 

Skitch2.6.1より二段階認証に対応できるようになりました、通常パスワードに続けて

認証コードを入力してログインするようにして下さい。(追記 2013/7/10)

 

Evernoteに二段階認証を設定した場合、Skitchにログインするためには

いままで利用していたバスワードではサインインできません。

 

Skitch専用のアプリケーションパスワードをEvernote内で発行して利用する必要がありますので

その手順をご紹介致します。

 

Evernoteでアプリケーション固有のパスワードを発行するための手順。

 

まずウェブ版のEvernoteにサインインします。

(通常のパスワードと二段階認証用のコードが必要)

 

サインインできたら画面右上に名前と小さな下向き三角がありますので下向き三角を

クリックします。すると下記画面が表示されます。

ここから「アカウント設定」をクリックします。

screen_cap_ 2013-07-03 11.47.04

 

 

 

アカウントの概要画面が表示されますので左列の「セキュリティ」の項目をクリックします。

 screen_cap__2013-07-03_11.47.13

 

 

セキュリティの項目が表示されます。

「設定を管理」をクリックします。

screen_cap__2013-07-03_11.48.02

 

 

表示された項目下部に「アプリケーション用パスワードを管理」の項目があります。

「新しいアプリケーション用パスワード」に任意の名前を入力し

「新しいアプリケーション用パスワードを生成」をクリックします。

 

 

screen_cap_ 2013-07-03 11.48.15

 

 

アプリケーション用のパスワードが発行されますのでここで発行されたパスワードを使って

Skitchにサインインします。

screen_cap__2013-07-03_11.48.33

 

この作業を行わないとSkitchにサインインすることはできません。

しっかりと設定して次回同じような設定が必要な際「アプリケーション用のパスワード」を生成したことを忘れないように

気をつけて下さい。

 

提供 三蔵堂ITコンサルティング